脱線

「脱線」が足りないと「本線」がつまらなくなる。
デザインしてても 人生の歩みでも そう思っているはずなのに…
そもそも発見は 予期せぬ所に待ち構えてくれているから
本線を突き進むよりも 横道にそれたときの方が
出くわす率が高いように思う。
だから、意図して、故意に「脱線」を心がけてきた。
しかし、近ごろ忙しさと時間の無さをイイワケに
これが最短、効率よしと「本線」だけを歩こうとしていた気がする。
わかりやすく 逆効果とわかっているハズなのに。
ちょっとだけ、足と手を止めてどこに「脱線」するか
ニヤニヤしながら目星をつけてみたい と思う今夜。